fc2ブログ

Latest Entries

黒豆ご飯を作る


晴れ。

朝は寒いけど、昼間は暖かくなりました。


昨夜、寝る前に、池波正太郎の「青春忘れ物」を少し読みました。
僕のお気に入りの本なので、忘れかけた頃に、時々、読んでいるのです。
パッと開いて、開いたとこらへんを少しだけ読みます。

それから、立て続けに、丸谷才一の「文章読本」の一部分を読んで、
それから、野田知佑の「日本の川を旅する」をちょっとだけ読み、
植村直己の「青春を山に賭けて」をちょっと読みました。
エッセーというか、紀行文というか、そういうのをちょっとずつ読むと、
だんだん眠たくなって、気持ちがよくなります。

明日は、水木しげるの「幸福論」と、
野見山暁治の「400字のデッサン」と、谷川晃一の「視線はいつもB級センス」を読もうかな。

今日は、久しぶりに黒豆ご飯を炊きました。
黒豆を多めに入れて、ちょっとお酢を入れて、とても美味しく炊けました。
今日は煮魚と、お味噌汁と一緒に食べて、
明日はカレーにしよう。

文字の形


晴れ、時々、曇り。

朝は寒かったけれど、昼間は暖かくなりました。

今日は、少し体調が悪くて、危うく、めまいが起こりそうになりました。
でも、何とか堪えて、大丈夫。
何か、ちょっとしたことで、めまいが起こりそうになる事があるけれど、
これは前庭神経炎の後遺症なのだろうか。なんかよく分からない。
やっぱり、体を鍛えるしかないのだろうか。

先日、病院のロビーで待っている時のこと。
隣に座っている人が、ノートを広げて、さかんに何かを書いていました。
チラッと見ると、サンスクリットのような、アラビア語のような、記号のようなものを書いています。
外国の人だろうか、と思いましたが、家族とおぼしき人と話しているのを聞けば、日本人のようです。
という事は、これは日本語なのだろうか。

何回か、それとなく、チラッと見ていると、だんだん分かってきました。
これは、趙、独特の癖がある日本語の文字でした。たぶん。
間違えているかも知れないけれど、「明日の11時に、○○のフードコートで待ち合わせ」と読めました。
でも、これは、他の誰も読めない文字かも知れない。
この文字は、社会の中で、どういう位置にあるのだろうか、とか考えました。

でも、文字ではなく、「絵」だと考えると、すぐに読めそうな気もしてきました。


文字ばかり書いてた


晴れ。気持ちの良いお天気。

世の中は、W杯の話題でもちきりですが、僕は全く見てないので、さっぱり分かりません。
昔は、サッカーW杯は欠かさずに見てましたし、なんなら全試合見るぐらいの勢いでしたが、
もう、この頃は、さっぱり見れなくなりました。
もう、勝負が絡んだものは、どうしてもドキドキしてしまうので、だめなのです。

サスペンス映画とかも、ドキドキしてしまうので全く見れません。
普通のドラマでさえ、少しドキドキしたり、焦ったくなったりするので、ちょっと無理かなあ。
もう、水戸黄門くらいしか見れなくなりました。

それにしても、やることがたくさんあるので、テレビは全然、見てないなあ。
手紙みたいなもの書いたり、資料を書いたり、けっこう文字ばかり書いてて、
ちょっと疲れました。
なんか、いろいろ難しいなあ。

朝の貧血


雨。時々、雷。

今朝、母が排便中に、また貧血になりました。
このところ、だいぶ体調が良くなっていたのに、なぜかなあ。
やはり、少しずつ弱ってきているのかなあ、とも思います。

しばらく横になっていたら、だいぶ具合は良くなったみたいで、
バナナとヨーグルトとハムエッグを食べて、テレビを見ていました。

しかし僕の予定は、すっかり狂ってしまったので、
今日は、手紙を書いたり、予定表を作ったりしていました。

予定表を作って、あれこれ考えていたら、
年内中にも、とてもたくさんのものを作らねばならない事が判明しました。
しかし間に合うかなあ。

この頃、毎日、ゴボウのサラダとか、ゴボウと鶏肉を炒めたのとか、食べています。
そのせいか、胃腸の調子はとてもよくなってきました。
それから、ゆっくりとお風呂に入って、腰痛体操をして、柔軟運動もしているので、
足腰の具合も、少しずつよくなってきました。

そして、内面の何かも、少しずつ変わってきたような気もします。
なんだろう。あまり、欲みたいなものがなくなってきたような気もするのです。
欲がなくなってきた、というか、いろいろなものが、抽象的になってきたというか・・。
変な感じ。
僕らしくなくなってきたようでもあるし、
ほんとうの、僕が現れてきたような気もする感じです。


順番


曇り、時々、晴れ。少し雨。

風が冷たい。


今朝も目眩がちで、ずっと寝ていました。

午後から、少しレンジフードの掃除をしかかりますが、
こびりついた油の量がハンパないので、途中でギブアップしました。
どうしようか。

もう、掃除屋さんに頼むことにしようか。
台所の混合水栓のパッキンも変えないといけないし・・。
二つ合わせて、4万円暗いか・・。

それから、LINEが使えなくなったので、スマホも変えたいし、
ドローイングの額装もせねばならないし、
エレキギターも欲しい。

どれから順番にするのがいいのだろうか。
エレキギターは一番最後にするとして、まず、スマホだろうか、
それとも、パッキンを優先するほうがいいのか・・。

なぜか体調悪し


晴れ。とても良いお天気。


昨夜から、なぜか目眩がして、今日は昼過ぎまで寝ていました。
布団の中で、目をつむって、いろいろなことを考えます。

まず、大掃除の段取り。
父の遺品の整理。思い切って、やはり少しずつ廃棄していくことにします。
それから、僕の作品の整理と廃棄。
すでに、今年描いたドローイングなどもだいぶ廃棄しました。
残っているものも断捨離して、身軽になりたいと思います。
そして、できたスペースに、油絵と水彩と立体を同時に作れるスペースを作ります。
それから、古い衣服を整理して、楽器を置けるスペースも作りたいなあ。

それから、台所のレンジ周りの掃除の段取り。
レンジ自体は、長い間掃除していないので、相当、油がこびりついているので、
薄皮を剥がすように少しずつ、5日くらいの予定を組んで清掃しましょう。

それから、台所の器類も、整理して廃棄する予定です。
お客さんも誰も来ないし、二人分の器だけ残して、あとは廃棄しましょう。
それで、きれいスッキリ。

だいたいキレイになったら、次は、いく人かの人に手紙を書きましょう。
とても大事なことを書いて、送るつもりです。
少しずつ書いて、来年の夏頃までには書き終わりたいなあ、と思います。

今年も、模造紙10枚分くらいはお手紙書いたけど・・・。

疲れたなあ


晴れ。良いお天気。


先日は、外出していたら、母から「家の中で転けた」と電話がかかってきました。
母は自力で起き上がれないので、急いで帰宅して、椅子に座らせて、
しばらく様子を見ていました。
頭を打っていないし、怪我はしていない様子なので、また出かけましたが、
何となく疲れます。

以前は、時々、家の中で転けたりしていたのですが、最近は久しぶりです。
もう少し運動したほうがいいのかなあ。
老人は、だんだん悪くなる一方なので、何となく、どことなく、気疲れします。

どうしようもないと分かっていても、何か、心のどこかが、すっきりしない。
いろいろな不安が、ボディーブローのように効いているようで・・。

でも、まあ、のんびりと、ゆったりと過ごしていくしかないのだろうなあ。


しかし、やらなければならない事が山ほどある。
また、姉の書類を役所に出して、それから、保険会社にも書類を出さねば・・。
それから、来年の大阪の展覧会のための資料を提出しないといけないし、
やることが、たくさんある。

ひとつずつ、ひとつずつ、少しずつ、やっていきましょう。


備忘録  11月12日 山荘日和


11月12日は、杉山さんの夫の実家(今は誰も住んでいない)を使わせていただき、
家の中に、小さな作品を飾ったりして、1日、のんびり過ごす催し「山荘日和」を行いました。

その場所となった家は、小高い丘の上にあり、元々は外国人が建てた別荘だったらしいです。
なので、屋根はとんがり屋根の部分もあり、和洋折衷のような作りになっていて、とてもかわいい。
小さな台所と便所とお風呂。小さな洋間と和室がある、ほんとに小さなおうちです。
丘の斜面に建てられているので、段差のある庭もあって、港が一望できる眺めの良さです。

そんな居心地の良い場所なので、まあ、誰もがのんびりした気持ちになり、
画廊などで作品を展示しているのとは、まったく根本的に違うものになりました。

人がたくさんいても、別に窮屈になることもないし、誰とても、気楽に話が出来るし、
何かを共有している感じなのでしょうか。
玄関のドアも開けていたので、ご近所に住む方々も、次々と入ってこられて、
「へえー、こんなかわいい家だったんですね」と、世間話しながら、のんびり過ごされていました。

のんびりできる、というのは、何よりだと思いました。
のんびりと、縁側に座ったり、畳の上に座っていると、なんか楽に話が出来るのです。
これは、なぜなのでしょうか。

出来れば、僕も、こういう場所を持ちたいものだと、心から、そう思いました。

ピカソの言葉


晴れ。

とても良いお天気。


先日は、5回目のワクチンを打ちました。接種会場は閑散としていて、待たずにすぐに打てました。
でも、注射を打つのが下手なのか、とても痛かったです。
僕は子供の頃から、注射打たれて痛いと思ったことがなかったので、今回が初めての痛みでした。
なんか看護婦さんも変な感じだったし・・。

しかし、ワクチンは、本当のところ、どれほどの効き目があるのだろう。

母は、先日、インフルエンザのワクチンを打ったばかりなので、母に聞いてみて、
2週間後くらいにはコロナ5回目打ってもいいかなあ。



ピカソの名言に、「真似るより盗め」というのがあります。
良い作品に出会った時に、つい、同じようなものを作ってみたい、
という気持ちになることがあるようですが、
でも、表面的なこと、現象的なことを真似るのではなくて、
その表面に現れてきているものの根本は何だろう、と考えて、
それを突き止めることが、「盗む」ということだと思います。
それは、難しいことかも知れませんが、それをすることは、図らずも、
芸術の根本を知ることに、つながるようにも思います。

芸術には、いろいろなものがあります。良い物もあれば、悪い物もあるし、
でも、悪いものは必要ない、という事でもないのです。ほんとに幅が広い物なのだと思いますが、
人間が関わったものは、全て「芸術」と言ってもいいのかも知れません。
そして、そういう事を言うのには、とても包容力が必要なのだと思います。

いずれにしても、他者の作ったもの、を見る、知る、と言うことは、とても大事なことです。
人の作った物を見て、初めて、自分の作品を知る、自分というものを知る、ということも、
実は、よくあることのように思うのです。


昨日は「山荘日和」の搬入をすませました。
明日は、セラミックの作品やドローイングなども展示していますが、
お買い上げの作品は、その場で持ち帰ってもらおうと思っています。
でも、まあ、来てみようかな、と思っている人は、のんびりお越しくださいね。

今年の展覧会は、これで一段楽です。
来年の3月には大阪の展覧会があり、また、いろいろ忙しくなりそうです。

母の体調も、少しずつよくなっている気がするし、
僕も、健康につとめたいと思います。


また、貧血が


晴れ。とても良いお天気。

ほんとに、ハイキング日和です。


母の体調は、少しずつ良くなっていると思うのですが、
今日も、2回、貧血症状になりました。横になると、すぐ気分はよくなるようですが・・。
どうして、貧血になるのかなあ。
血圧は少し低めになっているのですが、それが関係あるのかなあ。

まあ、食べるものに気をつけて、便秘にならないように、
時々は運動したり、お腹のマッサージをしたり、
そういうふうに、していくしかないのだろうなあ。
来週は内科の受診があるので、先生に聞いてみよう。


今日も、母の様子を見守りながら、
陶器を入れる箱を作ったり、ドローイングを描いたりしました。
母は、陶器をとても気に入ってくれて、私も欲しいなあ、と言ってくれるので、
それは、とても嬉しい。


昨夜は、ほぼ徹夜で制作していたのですが、
明け方あたり、ケーブルテレビで古谷一行主演「金田一耕助シリーズ」の、
「魔女の旋律」という物語をやっていました。
金田一耕助というと、推理力はあるけれど、どこか純朴で、文学青年っぽい感じの探偵、
という感じのイメージでしたが、「魔女の旋律」の彼は、一味も二味も違いました。
なにか、とてもハードボイルドで、アクション豊富。
カリオストロの城、や、フィリップ・マーロウを彷彿とさせるような感じ・・。

いろいろな、どんでん返しもありつつ、なぜか、あっけなく終わってしまうようでもあり、
でも、何か新鮮な感じがしました。
ヒロインは、若い頃の伊藤かづえでしたが、やや派手な顔立ちなので、
もし僕がキャスティングするなら、もう少し、透明感のあるような女優さんにするかなあ。
蓮佛美沙子さんとか・・。

Appendix

プロフィール

lyotasan

Author:lyotasan
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR