FC2ブログ

Latest Entries

身体が重い


晴れ。

とても良いお天気。



こんな良いお天気なのに、身体が重い。
たぶん、すごく血圧が高くなっているのだと思う。
鉛のように重くて、今までで一番しんどい。

でも、やる事はとてもたくさんあって、作りたい物もたくさんある。
これは、とても幸せな事なのだろうと思う。

来年こそは、自分のために過ごしたい。
どこか、桜島あたりに行って、ずっと、海と火山を見ていたい。
そして温泉に入って、そのまま溶けてしまいたい。



oct 023


神戸南洋植物パークより、「S氏の邸宅跡」


窯の中


晴れ。

良いお天気。



昨日は、金色雲母の上絵付け焼成をしました。
820℃まで温度を上げて、それから、なんと4時間もキープします。
マイコン付きの窯なら放置しておけるのですが、
スタジオの窯はマイコンが付いてないので、ずっと側につきっきりで、
温度を調節していないといけないのです。

そういうわけで、ずっと窯のある部屋に閉じこもり、
4時間のあいだ、手紙を書いたり、ドローイングしたりしていました。

どうやって温度調節するかと言うと、窯に付いている手動スイッチをON/OFするのですが、
温度が上昇傾向にあったので、窯のフタをガバッと開けて温度を下げたりしました。
窯のフタを開けると、そこは真っ赤に熱せられた世界です。
陶器も赤く輝いていて、陽炎のように揺れています。
金色の部分は明るく光っていて、ジワジワとしていました。

たき火や、風呂の焚き口のように、こういう高温で燃えているのを見ていると、
なんか、中に吸い込まれそうになってきますね。

ずっと、焚いている窯の中をじっくり見てみたい、と思っていたので、
ほんとに夢がかなって嬉しかったです。
でも、これは太陽と同じで、あまり見ていると目が日焼けして悪くなるので、
あまり見ないほうがいいらしいです。




oct 022


焼き上がった、金色の花瓶や器とか。


搬入してきました。


晴れ。

少し暑いような。



朝は涼しかったのですが、だんだん暑くなってきました。

今日は、神戸文化祭の時に展示する「日興堂」に作品を搬入してきました。
絵画1点と、セラミックの犬の像を4点ほど。どういう風に展示しているかお楽しみに。
そして、煎茶も是非も是非、味わっていただけたらと思います。
信じられないくらいに甘くて芳醇な味わいです。
ご予約は、日興堂 078-575-9728まで。

それから、続々と、陶の作品が仕上げていきます。
明日、上絵焼成をして、一段落です。



oct 013

南洋植物パークのカップ&ソーサー


oct 014

ひまわり仮面の小皿1



oct 015

ひまわり仮面の小皿2



oct 016

南洋植物パークの送迎バス



oct 017

南洋植物パークの「呼ぶ声」



oct 018

oct 019

oct 020


「漱石先生 吾輩は犬である」より


窯たき


晴れ。

とても良いお天気。



一昨日も昨日も、とても忙しかった。
いろいろな事でとても忙しかったけど、今日はのんびり窯たきをしました。

本焼きは1240℃で焼いて30分練らし、上絵焼成は800℃で10分練らしました。
窯をたきながら、「呼ぶ声」と「ビクニーズの剣」と「ビクニーズの王冠」を作りました。

しかし、身体にジンマシンが出てきました。
明日は、姉のところに行って、それから父のところに行きます。

表装


曇、時々、雨。

涼しいような、暑いような。



今日も忙しい。

「犬と森」というドローイングは、実は、掛け軸に仕立てようと思っていました。
うちの近くに表具屋さんがあったので、何回か電話してお伺いしようと思っていたのですが、
何回、電話しても、今日は職人がいません、今日は東京に出張です、という感じで、
2週間近く電話しても、まったく話にならないので、掛け軸はあきらめました。
表具屋さんって忙しいのですね。
誰か、いい表具屋さんをしらないでしょうか。
結局、額装して展示することにしました。

という事で、朝から予定が狂い、そのまま画材屋さんにて額装。
それから「北の椅子と」に行き、DMと新聞を届けて、
その後、父の病院に向かいます。
父の手をさすっていると、父の手をさすっているのか、自分の手をさすっているのか、
ふと、分からなくなってしまいます。
そして、ベッド脇で僕がウトウトしていると、父は、僕の顔を叩いて起こします。
父は、ほんの少し元気になったみたいで良かったです。

そして、姉のことで役所に行きます。明日は姉の施設に行かなくては・・。
それから、出来上がった額装を受け取って、スタジオに持って行き、
新聞を組んで、新聞とDMを「1003」に届けました。

それから、昨日は母の誕生日だったので、
イチゴのショートケーキを買って帰り、母と一緒に食べました。
ちょっと高価なケーキだったので、ものすごくフワフワしていて、
母も僕も、ポロポロとケーキをこぼしたり、床に落としたりしながら、
おいしいね、おいしいね、と言いながら食べました。
母は、ケーキなんか食べるのは久しぶりやなあ、と言いながら、涙ぐんでいました。
ケーキはおいしいなあ。


それから、朗報?です。
年末、12月23日、リコーダー部のクリスマスライブを行う予定です。
只今、タイトル、特典など詳細を検討中。たぶん、一番新しい曲もやるかも。
ライブ&トーク。楽しいものが出来るといいですね。


これからお風呂に入って、少し、 絵を描きます。




oct 011



oct 012



ひまわり仮面の冊子のための習作。


日立武蔵


曇、時々、雨。

たくさん雨が降りました。



電車のドアや窓を背にして、ずっとスマホを見ている人が多い。
どうして、皆、外を見ないのだろう、といつも思います。
外の景色を見ないで、スマホばかり見ている人のために、
窓のない貨物列車みたいな車両を作ればいいのに、と思います。

ちなみに、僕の絵は、ほとんど、車窓から見た景色を見て描いたものです。


今日は、新しく作った陶器や、陶の人物像などを焼きます。
人物像を窯に入れようと思ったら、大きすぎて入りませんでした。
これは残念なミスでした。工程が大幅に狂ってしまいました。
仕方がないので、入るものだけ焼く事になりました。

窯で焼いている間は、粘土で成形したり、絵付けをしたりしましたが、
粘土の人物像を何回も下に落としてしまい、なかなか、制作が進みません。
せっかく作った像が、下に落ちてペッタンコになるのは、かなりショックです。
疲れが溜まって、集中力が途切れがちです。

それに、何回も、父の病院、介護関係や、姉の介護のことで電話がかかってきます。
身体が、あと3つあれば、だいぶん楽なんだけどなあ、と思います。


父の病室では、ちょっと、世界バレーを見ていました。
僕は、女子バレーを見ていると、なにかとてもセクシーな気持ちになります。
どうしてなんだろう。

僕が東京に住んでいるころ、国分寺駅で何回か、女子バレーの日立武蔵の選手を見ました。
皆、とても背が高くて、おしりのあたりしか見えないのです。
それが影響しているのかも知れない。

散髪


晴れ。

とても良いお天気。



今日は、とても良いお天気でした。

父は、もう、3か月ほど髪を切っていなかったので、かなり長髪になっていたので、
看護士さんに散髪をお願いしていたのです。
今日は散髪の日だったので、どんな髪型になっているかなあ、と思って病室に入ると、
キッチリと刈り上げられた父がいました。
まるで、若者のような髪型でした。

向かいのベッドのおじいさんは、おじいさんらしい髪型なんだけど、
どうして父は若者のような髪型になっているのだろう。
でも、顔色はとても良くて、少し安心しました。



oct 010



今日のドローイングは、「花鳥風犬(犬と森)」です。
神戸文化祭で、11/4日に兵庫の日興堂で「漱石先生 我が輩は犬である」というお茶会をするのですが、
その時の設えとして、この絵も飾る予定です。
日興堂でお茶を入れてくれる逧田彩さんとも、もう会えなくなると思うので、
あやちゃんへの、感謝の気持ちです。


こころと


晴れ。

時々、強い陽射しになる。



今日は、とても蒸し暑い日になりました。
昨夜から、ほぼ寝ていないのですが、頭はしっかりしています。

昨夜、病室に忘れ物をしたので、急遽、朝一番に取りに行きました。
予定が狂ったので、今日は、自宅で制作をすることにします。

病室では、父は良く寝ていて、話しかけても答えません。
手のひらをくすぐると、身体をバタバタ動かして、また寝てしまいました。

人の一番大事なところは、こころだと思いました。
何かを思って、何かを考えて、
それが、人間というものだと思いました。


病院を出て、阪神御影に着いた頃、病院の看護士の人から電話です。
忘れ物をされてたようだけど、どうしましょうか?と聞かれたので、
忘れ物を取りに行って、さっきまで病院にいましたよ、と言うと、
ああ、そうでしたか、気付きませんでした。と言われました。
僕は、どこに行っても影が薄いようです。


昨夜、ひまわり仮面のお面が出来ました。
分厚くて、重くて、先住民の呪いが籠っているようなお面ですが、かわいい。




oct 009




「ひまわり仮面のお面」。隣の絵は、描きかけの「タンポポ」です。


明日は休もうと思ったけど


晴れ。時々、曇。

蒸し暑いお天気。



午前中は、釉薬をかけたり絵付けをしたりしました。
花瓶や器に金彩をほどこします。

疲れがたまってきたので、明日は午前中はお休みしようかなと思っていましたが、
でも、時間がないので、やっぱり朝から制作することにします。

明日は雨が降るのかな。
なにか美味しいもの食べたいなあ。



oct 007



oct 008



ひまわり仮面の土鈴とフィギュア。
実物はもっとかわいいです。


昔のこと


曇、時々、雨。

静かなお天気。



今日。電車に乗っていたら、隣に、赤ちゃんを抱いたお母さんが座りました。
赤ちゃんは元気で、時々、けがれのない目で僕を見つめます。
そして、僕のプヨプヨした脇腹を、思い切り蹴ってきました。
ポフ、ポフと僕の脇腹にあたる、赤ちゃんの足。
気持ちいいなあ。

もう、30年以上も前のことになりますが、
「赤ちゃんが出来たかも知れない」と言われたことがありました。
なんと言ったらいいのか分からないけど、その時、ほんとに幸せな気持ちになりました。
どうして、人はそういう風に思うのか分からないけど、
幸せ、というのは、きっと、この事だろうと思いました。

世界中の子供が、自分の子供になったような気がして、涙が出てきます。
赤ちゃんを抱いている、よそのお父さんを見ていると、むしょうに話しかけたくなるし、
ほんとに、空を飛んでいるような気持ちでした。

結局、それは間違いだったのですが、
もし、その時、子供が生まれていたら、僕は、どんな人生を歩んだのだろう。
赤ちゃんに脇腹を蹴られながら、そんな事を思い出していました。

いろいろな人に大切にされ、いろいろな人に、ほんとにお世話になり、
いろいろな人を悲しませて、困らせて、
そして、何かに導かれて、僕はここにいるのでしょう。
たぶん、今の僕の人生が、一番良い人生に違いない。
だから僕は、何か、素敵なものを作りたいと思います。
いろいろな事を思い出して、いろいろな人の思いを感じながら、
僕らしいものを作ってみたい。


父の病院に行くと、父の具合は少し良くなっていました。
父は、ほんとにいろいろな人に大事にしていただいています。
皆、とても親身になってくれているのを感じられるので、
僕は、今は、とても穏やかな気持ちでいます。

もし、素敵なものが出来たら、父に見せてあげよう。


帰宅してから、ひまわり仮面のお面の制作。
石粉粘土を貼込んでみました。
だいぶ、いい感じになってきましたが、なにか凄みが出てきました。
ツルッとして、おしゃれで可愛いのができたらと思っていたのですが、
なにか人の皮で作ったようなゴワゴワ感が満載です。

でも、ひまわり仮面の土鈴と、フィギュアは、それはそれはかわいいのが出来ました。
ひまわり仮面って、かわいいなあ、と心底、思うくらいにかわいい出来映えですよ。



oct 006



ひまわり仮面のお面、途中経過。


Appendix

プロフィール

lyotasan

Author:lyotasan
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR