Entries

煎茶


曇り。時々、雨。

寒い一日でした。



今日は、とても冷たい風でした。指先が痛いくらい。

用事で三宮に出たので、そごうの地下の一保堂に行ってみました。
でも、空腹の時にデパ地下に行くのは、まさに自殺行為でした。

デパ地下に入ったとたんに、おいしそうな惣菜たちに目がくらみます。
大皿に盛られた八宝菜やエビチリなどの中華類。
しっかりと味の染みた、だし巻き卵や、ダイコンの煮物などの和食類。
美味しそうな西京焼や、濃厚なソースにたっぷりと浸かったハンバーグ。
かわいい箱に入った柿の葉寿司や、香ばしい唐揚げやミックスフライ。

デパ地下をさまよい、やっと一保堂のブースを探し当ててはみたものの、
すでに、僕の平常心は失われ、空腹と貧血のために目眩がしていて、
商品を選ぶ余裕など、これっぽっちも残っていませんでした。

適当に選んで買った煎茶は、ちょうど中くらいのグレードのもの。
店員のかたが「甘さと渋みの、ちょうど良いバランスの、お薦めのお茶ですよ。」
と言っていたのは微かに覚えているのですが、
でも、ちょうど良いバランスのものが、良かったためしはないのです。

たしかに、さっぱりとして、渋みの立った、爽やかなお茶ではありますが、
僕は、まったりと甘い、まろまろっとした、まろやかなお茶が好きなのです。
まろまろっとして、身も心も弛緩するような甘さだけが、僕を癒してくれるのです。
また、明日か明後日にでも、甘いお茶を買いに行かねば、と思うのでした。



mar 007



mar 008



今日のドローイングは、「風景」です。

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

lyotasan

Author:lyotasan
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR