Entries

木製


晴れ。

少し寒い。



昨夜の雨が空気を透明にしたので、今朝、港がとても綺麗に見えました。
でも、とても肌寒い。

父は、わりと元気でした。よく喋っていました。
体調は、たぶん、良くならないだろうと思うけれど、少しでも楽になればと思います。
これからは、僕も、楽な感じで、父や母の体調と付き合っていこうと思います。

父の病室のドアは木製です。とても不思議な病院です。


昨日、小原流会館で見た物は、今まで僕が知らなかった事でしたので、
いろいろな事を考えさせられました。
小原流は、水盤という平たい花器に花を盛る様式を初めて作った流派だと言われています。
なので、「剣山」というのも小原流の発明らしい。
初代、二代、三代の生け花の復刻や写真はとても素敵でした。
花を生ける喜びや、ある種の大らかさも感じました。

華道や茶道といわれるものは、とてもたくさんの流派があるけれど、
普及の手段として、会員を募り、段位や免許などを公布するのはなぜだろう、と思います。
もちろん、そうすることによって、華道家は生きてゆけるし、理念を拡げられるし、
小原流会館も作ることが出来たのでしょう。
教育というのは、おそらく、そういう事なのだろうし、アカデミックな世界もそうだし、
日本の美術の画壇と呼ばれるものも、そういう物でしょう。
クリエイティブな世界で、なにか権威のようなものをもったり、ルーティーンをもったりすると、
もう、それは停滞してしまうように思います。


会館には、おもに会員のかたが多数、見学に来られていて、
「二代目の奥様は、とてもお綺麗なかただったのよ。」とか話されていました。
エロスも漂う、とても不思議な世界でした。



may 043



may 044



may 045



may 042



会場風景の画像を、少し、アップしました。


スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

lyotasan

Author:lyotasan
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR